カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」

新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」
新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」
  • 新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」
  • 新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」

佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家


ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家




ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼

商品特徴

よくいただくご質問

一般的に食されているしらすは、カタクチイワシの稚魚です。旬は春と秋の2回。秋しらすは春よりも身が大きく、脂がのっているのが特徴です。カルシウムやマグネシウム、たんぱく質、ビタミンDなど骨の健康に役立つ栄養素が豊富なので、積極的に食べたい海の恵みです。

新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」

新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」

佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家


ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家




ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼

商品情報

2020年10月12日

新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」

新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」
しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼
  • 新・旬の元気レシピ 第12回 「しらすと三色野菜の『梅黒酢』ごまだれ丼」

    一般的に食されているしらすは、カタクチイワシの稚魚です。旬は春と秋の2回。秋しらすは春よりも身が大きく、脂がのっているのが特徴です。カルシウムやマグネシウム、たんぱく質、ビタミンDなど骨の健康に役立つ栄養素が豊富なので、積極的に食べたい海の恵みです。

  • しらす干しの塩味と『梅黒酢』ごまだれのさっぱりとした風味がご飯に合います。豆もやしの白色、にんじんのオレンジ色、きゅうりの緑色の三色の彩りが見た目に鮮やかで食欲をそそります。

    しらす干し …… 50g
    (サケ、イワシ、サバの水煮缶詰でも代用可)
    豆もやし(又はもやし) …… 100g 
    にんじん …… 4㎝(30g)
    きゅうり …… 2本 
    (茹でたほうれん草、細切りレタスでも代用可)
    塩 …… 小さじ1/2
    おろし生姜 …… 小さじ2
    温かいご飯 …… 300g
    糸唐辛子 …… (お好みで)
    梅黒酢』ごまだれ …… 大さじ3(50g)

    きゅうりは厚めの斜め薄切りにしてから、細切りにする。塩をまぶしてしばらく置き、水気を絞る。

    豆もやしはひげ根を取る。にんじんは細切りにする。鍋に湯を沸かし、豆もやしとにんじんをさっと茹で、ザルに上げ、粗熱を取る。1と合わせて『梅黒酢』ごまだれで和える。

    器にご飯を盛り、❷、しらす干し、おろし生姜を盛り、好みで糸唐辛子を散らす。
    『梅黒酢』ごまだれ
    サラダ、和え物、冷奴、しゃぶしゃぶ、蒸し鶏、冷し中華や冷しうどんなどの麺類のたれにもおすすめです。

    材料 -作りやすい量 約1カップ分(220g)-

    梅黒酢 …… 100ml
    スープ・スープ …… 20g
    すりごま(白) …… 30g
    輪切り唐辛子 …… 大さじ1
    しょうゆ …… 50ml
    塩 …… 小さじ1

    作り方

    全量を混ぜ合わせる。冷蔵庫で2~3週間は保存できます。

pattern_a
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家


ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家




ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。