カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ItemDetail

【WEB限定送料無料】

●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド

●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
  • ●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
  • ●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
  • ●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
  • ●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
有機JAS,QAI,Non-GMO,ヴィーガン,コシャー
送料無料,クール冷凍便

WEB限定送料無料

自然豊かなカナダの大地でオーガニック栽培されたタネや穀物が原料。低温圧搾法で作っているので、まるで搾りたてのジュースのようなオイルです。
お届けはクール冷凍便、開封後も冷蔵保管の『ウドズオイル』は必須脂肪酸などのオイルの栄養素をいつでも新鮮な状態で摂ることができます。体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けるビタミンEを含む「栄養機能食品」です。




WEBからの購入の方限定で、通常商品も送料無料にてお送りさせていただきます。
お召上がり方
1日大さじ2杯(30ml)を目安に加熱せずにお召し上がりください。
ジュースに混ぜたり、手作りドレッシングに加えたり、パンにつけるのがおすすめです。温かいお料理にかけてもおいしくいただけます。

栄養機能食品
ビタミンE:ビタミン E は、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。 一日当たりの栄養素等表示基準に占める割合43.5%

Advantageous periodical priceお得な定期価格で購入

内容量:500ml

価格 :5,880円(税抜)

数量 :

内容量:250ml(2本からお届け)

価格 :3,610円(税抜)

数量 :

※定期販売の場合は送料無料

Usually purchased at a price通常価格で購入

内容量: 500ml

価格 :6,190円(税抜)

数量 :

内容量: 250ml

価格 :3,800円(税抜)

数量 :

※12,000円(税抜)未満の場合は別途送料がかかります

商品情報

原産国

カナダ

内容量

500ml、250ml

原材料

有機亜麻仁(フラックス)油、有機ひまわり油、有機ゴマ油、有機ココナッツ油、有機月見草油、有機米油、有機オーツ麦油、大豆レシチン、ビタミンE

栄養成分(30ml当たり)

エネルギー243kcal、たんぱく質0.4g、脂質27.0g、炭水化物0g、ナトリウム0g、ビタミンE3.48mg、飽和脂肪3.0g、コレステロール0mg、多価不飽和脂肪19.0g〔オメガ3(α-リノレン酸)13.1g、オメガ6(リノール酸)5.9g〕、単価不飽和脂肪5.9g

保存方法

開封前から冷蔵、冷凍で保管してください。開封後はキャップを閉めて、立てた状態で保存し、60日以内にお召し上がりください。

ご注意

●加熱調理用としてお使いにならないでください。●本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進されるものではありません。1日の摂取目安量は守ってください。●本品は特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。●本品は小麦を含む商品と共通の設備で製造しています。●食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

商品特徴

質の良い油を摂っていますか?
油はカロリーが高いから、コレステロールが気になるからと、なるべく摂らないようにしている方は多いのではないでしょうか。また、油は常温のまま保存しても大丈夫、と思っていませんか? そうした油の常識は、近年、変わりつつあります。
油には脂肪酸という栄養素が含まれますが、この脂肪酸の種類で油の働きはまったく違ってきます。油には太るものもあれば、逆に、細胞の働きをスムーズにしてエネルギーを消費する効率を上げたり、血液をサラサラにしてくれるものもあります。
特に、必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6は私たちのからだの細胞一つひとつを包む膜の材料でもあり、からだの機能をうまく働かせるためには欠かせません。からだの中でつくることができないため食事から摂る必要のある必須脂肪酸ですが、一般的にオメガ3の摂取量は不足していると言われています。
油は本来、空気や光、熱に触れるとすぐに変質してしまう肉や野菜と同じ生鮮食品なのです。
オーガニック原料を低温圧搾で作りました
『ウドズオイル』の原料は、オメガ3、オメガ6を豊富に含む亜麻仁、ゴマ、オーツ麦、ひまわりなどの7種のタネや穀物です。すべてカナダのフローラの農場で栽培された、高品質のオーガニック植物のみを使用しています。植物の栄養素を損なわないように、薬品を使わず、低温で時間をかけて圧搾するだけという生ジュースを搾るような製法で作られています。
原料は、圧搾機に投入後は一度も機械から出ず、光と空気にさらされることはありません。厳重な温度管理のもと、可能なかぎり劣化を抑えて、ビン詰めまでを完了します。
原料を精製せずに低温で圧搾する方法は大変時間がかかり効率が悪いのですが、原料に含まれる高い栄養価はそのままに、風味豊かな油ができあがります。
徹底した温度管理でフレッシュさをキープ
低温圧搾法で作られた油は、空気や光、加熱によってすぐに変質し臭いや味が変わってしまいます。いわゆる酸化です。『ウドズオイル』に含まれるオメガ3やオメガ6は特に熱に弱く、しっかり温度管理をして鮮度を保つ必要があります。特にオメガ3はデリケートで、製造過程や保存状態によって、その働きが大きく変わってしまいます。
光と空気に触れることなく搾られた『ウドズオイル』は、そのまま遮光性の瓶に詰められ、すぐに冷凍保存して鮮度をキープします。そして冷凍のまま日本へ空輸し、クール冷凍便で皆さまのお手元へ。到着後は冷蔵庫で保管してお使いください。
加熱しないで生で摂ってください
『ウドズオイル』は加熱には向いていません。そのまま生の状態で食べていただくフレッシュオイルです。食べ方はいろいろ。サラダや豆腐にかけて、ドレッシングオイルやマリネに利用しても、あるいはジュースなどの飲み物に入れてもおいしくいただけます。そのままスプーンで飲む方もいらっしゃいます。
マーガリンやバターの代わりにパンにつけて食べるのもおすすめです。温かいお料理、例えばパスタやスープ、味噌汁などには、食べる直前にかけてお召し上がりください。醤油やバルサミコ酢、スパイス類ともよく合います。
必須脂肪酸オメガ3&6の割合はウド博士の研究から導きだしたバランス
『ウドズオイル』は栄養学の権威であるウド・エラスムス博士が、化学物質によって健康を損ねた経験が活かされています。博士は化学物質が脂肪に溶け込むことに注目。油性の塗料が油で消せるとのと同様に、体内の悪い脂肪を良い油で洗うという発想から『ウドズオイル』が生まれました。博士の著書『Fats that Heal,Fats that Kill(癒す油、殺す油)』はロングセラーとなっています。
博士は、オメガ3とオメガ6を、単体ではなくバランス良く同時に摂取することが大事だと言います。博士は長年の研究の結果、現代の食生活で健康的な脂質バランスを修復するには、オメガ3とオメガ6の比率は、オメガ3が「2」に対してオメガ6が「1」の、「2:1」と導き出しました。
『ウドズオイル』はこの黄金の比率を実現しています。

ウド・エラスムス博士プロフィール:ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)で生化学、遺伝子学の修士号を取得。オイルと健康の関係を研究して『脂肪と油』を著し、栄養学博士号を取得(1986年)。 この本を増補した『Fats that Heal,Fats that Kill』(「癒す脂、殺す脂」という意味)が北米のベストセラーに。25年以上にわたり、脂質の研究を深めてきた博士は、脂肪、コレステロールならびに栄養学の権威として世界的に名高い。また、講演やインタビュー、テレビ出演などで世界各地を飛び回り、健康と油の関係について啓蒙活動を続けている。

よくいただくご質問

Q.亜麻仁油(フラックス・オイル)を利用しているのでオメガ3は充分とれていると思うのですが?

A.オメガ3ばかりを摂りすぎると、今度はオメガ6欠乏症になると、ウド博士は警告しています。そのため、『ウドズオイル』は単体の原材料からつくるのではなく、多くの原材料を組み合わせ、オメガ3とオメガ6をウド博士の理論に基づいたバランスでとることができるようにブレンドされています。



Q.酸化に強いと言われるオリーブ油を加熱調理に使っています。『ウドズオイル』は必要なのでしょうか?

A.オリーブオイルに豊富に含まれる脂肪酸はオメガ9です。オメガ9は体内でもつくることができるため、とくに意識して摂る必要はありません。
『ウドズオイル』に含まれるオメガ3とオメガ6は、体内でつくることができない必須脂肪酸なので、食事から意識してとる必要があります。



Q. 『ウドズオイル』は加熱調理に使えますか?

A.使えません。高温による油の酸化・劣化を防ぐため、加熱せずにお召し上がりください。調理後の熱い食品に加えることは大丈夫ですので、スープやみそ汁などに入れたり、パスタにかけたりしてどうぞ。



Q.なぜ冷蔵庫で保存するのですか?

A.油の酸化・劣化を防ぐためです。脂肪酸のなかでも、必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6はとくにデリケートで、温度や光、酸素によって変質が早まります。そのため、冷蔵庫で保管する必要があります。



Q.『ウドズオイル』は、どのくらいを目安にとったらいいですか?

A.食品ですのでとくに制限はありませんが、1日の目安量は大さじ1杯~3杯です。



Q.開封してから、どのくらいもちますか?

A.開封後は冷蔵庫に保存し、60日以内にお召し上がりください。



Q.油の酸化はどうしたらわかりますか?

A.酸化した油は悪臭を放ちます。そして生臭く、苦味があります。オイル全体の2%が腐っていると、口に含むこともできないくらい味が落ちてきます。



Q.油を飲む習慣がないので、摂り方を教えてください。

A.加熱調理にさえ使わなければいいので、さまざまな食品に加えてお召し上がりください。
バターやオリーブオイルの代わりにパンにつける、ジュースやスープ、みそ汁などに入れる、サラダのドレッシングにする、冷や奴にかけるなど。しょうゆやみそとも、とてもよく合います。



Q.どのくらい続けたらいいですか?

A.ビタミンやミネラルと同じように、必須脂肪酸は毎日必要な栄養です。
健康のために、食事に取り入れて、毎日の習慣にすることをおすすめします。


お客様のお便り

東京都練馬区にお住いのO.Sさん
ウドズオイル…57歳の今も仕事を続ける私にとっては優れたお助け商品です。
生のにんじんをしぼって毎朝ジュースにウドズオイルを入れて飲んでいます。
頭の回転や記憶力に老化を感じていましたが、これを飲んでから心配がなくなりました。

神奈川県茅ケ崎市にお住まいのM.Rさん
思っていた以上の美味しさです~?
・トースト・・・バターの代わりにウドオイルを付けます。
・チャーハン、野菜炒め・・・油で炒めず食べる時にウドオイルと混ぜます。
・サラダ・・・ドレッシングの代わりに使用
どれも味がソフトになり、素材の旨味を引き立ててくれます。
市販の亜麻仁オイルからウドズオイルに替えてから、食いしん坊の私でも体重が増えません。

東京都世田谷区にお住まいのS.Kさん
何位でもかけて食べますが、夏野菜のサラダには欠かせません。
冷蔵庫にある野菜をきざんだりちぎったり、大皿に盛り、このオイルとゆずぽん酢をふりかけると出来上がり!!手軽でアッという間に。
お煮付け、焼き魚、菜ものの漬け物、何にでもひとふり、重宝しています。
健康維持のためばかりでなく、とにかくおいしいんですもの。ありがたいことです。

●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド

●オーガニック ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド
栄養機能食品
ビタミンE:ビタミン E は、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。 一日当たりの栄養素等表示基準に占める割合43.5%

質の良い油を摂っていますか?

  • 油はカロリーが高いから、コレステロールが気になるからと、なるべく摂らないようにしている方は多いのではないでしょうか。また、油は常温のまま保存しても大丈夫、と思っていませんか? そうした油の常識は、近年、変わりつつあります。
    油には脂肪酸という栄養素が含まれますが、この脂肪酸の種類で油の働きはまったく違ってきます。油には太るものもあれば、逆に、細胞の働きをスムーズにしてエネルギーを消費する効率を上げたり、血液をサラサラにしてくれるものもあります。
    特に、必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6は私たちのからだの細胞一つひとつを包む膜の材料でもあり、からだの機能をうまく働かせるためには欠かせません。からだの中でつくることができないため食事から摂る必要のある必須脂肪酸ですが、一般的にオメガ3の摂取量は不足していると言われています。
    油は本来、空気や光、熱に触れるとすぐに変質してしまう肉や野菜と同じ生鮮食品なのです。

オーガニック原料を低温圧搾で作りました

  • 神奈川県茅ケ崎市にお住まいのM.Rさん
    思っていた以上の美味しさです~?
    ・トースト・・・バターの代わりにウドオイルを付けます。
    ・チャーハン、野菜炒め・・・油で炒めず食べる時にウドオイルと混ぜます。
    ・サラダ・・・ドレッシングの代わりに使用
    どれも味がソフトになり、素材の旨味を引き立ててくれます。
    市販の亜麻仁オイルからウドズオイルに替えてから、食いしん坊の私でも体重が増えません。

  • 『ウドズオイル』の原料は、オメガ3、オメガ6を豊富に含む亜麻仁、ゴマ、オーツ麦、ひまわりなどの7種のタネや穀物です。すべてカナダのフローラの農場で栽培された、高品質のオーガニック植物のみを使用しています。植物の栄養素を損なわないように、薬品を使わず、低温で時間をかけて圧搾するだけという生ジュースを搾るような製法で作られています。
    原料は、圧搾機に投入後は一度も機械から出ず、光と空気にさらされることはありません。厳重な温度管理のもと、可能なかぎり劣化を抑えて、ビン詰めまでを完了します。
    原料を精製せずに低温で圧搾する方法は大変時間がかかり効率が悪いのですが、原料に含まれる高い栄養価はそのままに、風味豊かな油ができあがります。

  • 東京都世田谷区にお住まいのS.Kさん
    何位でもかけて食べますが、夏野菜のサラダには欠かせません。
    冷蔵庫にある野菜をきざんだりちぎったり、大皿に盛り、このオイルとゆずぽん酢をふりかけると出来上がり!!手軽でアッという間に。
    お煮付け、焼き魚、菜ものの漬け物、何にでもひとふり、重宝しています。
    健康維持のためばかりでなく、とにかくおいしいんですもの。ありがたいことです。

徹底した温度管理でフレッシュさをキープ

  • オーガニック ビヨンド・グリーンズ

  • 低温圧搾法で作られた油は、空気や光、加熱によってすぐに変質し臭いや味が変わってしまいます。いわゆる酸化です。『ウドズオイル』に含まれるオメガ3やオメガ6は特に熱に弱く、しっかり温度管理をして鮮度を保つ必要があります。特にオメガ3はデリケートで、製造過程や保存状態によって、その働きが大きく変わってしまいます。
    光と空気に触れることなく搾られた『ウドズオイル』は、そのまま遮光性の瓶に詰められ、すぐに冷凍保存して鮮度をキープします。そして冷凍のまま日本へ空輸し、クール冷凍便で皆さまのお手元へ。到着後は冷蔵庫で保管してお使いください。

加熱しないで生で摂ってください

  • 生搾りにんじん100% 100g×30パック

  • 『ウドズオイル』は加熱には向いていません。そのまま生の状態で食べていただくフレッシュオイルです。食べ方はいろいろ。サラダや豆腐にかけて、ドレッシングオイルやマリネに利用しても、あるいはジュースなどの飲み物に入れてもおいしくいただけます。そのままスプーンで飲む方もいらっしゃいます。
    マーガリンやバターの代わりにパンにつけて食べるのもおすすめです。温かいお料理、例えばパスタやスープ、味噌汁などには、食べる直前にかけてお召し上がりください。醤油やバルサミコ酢、スパイス類ともよく合います。

必須脂肪酸オメガ3&6の割合はウド博士の研究から導きだしたバランス

  • 『ウドズオイル』は栄養学の権威であるウド・エラスムス博士が、化学物質によって健康を損ねた経験が活かされています。博士は化学物質が脂肪に溶け込むことに注目。油性の塗料が油で消せるとのと同様に、体内の悪い脂肪を良い油で洗うという発想から『ウドズオイル』が生まれました。博士の著書『Fats that Heal,Fats that Kill(癒す油、殺す油)』はロングセラーとなっています。
    博士は、オメガ3とオメガ6を、単体ではなくバランス良く同時に摂取することが大事だと言います。博士は長年の研究の結果、現代の食生活で健康的な脂質バランスを修復するには、オメガ3とオメガ6の比率は、オメガ3が「2」に対してオメガ6が「1」の、「2:1」と導き出しました。
    『ウドズオイル』はこの黄金の比率を実現しています。

    ウド・エラスムス博士プロフィール:ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)で生化学、遺伝子学の修士号を取得。オイルと健康の関係を研究して『脂肪と油』を著し、栄養学博士号を取得(1986年)。 この本を増補した『Fats that Heal,Fats that Kill』(「癒す脂、殺す脂」という意味)が北米のベストセラーに。25年以上にわたり、脂質の研究を深めてきた博士は、脂肪、コレステロールならびに栄養学の権威として世界的に名高い。また、講演やインタビュー、テレビ出演などで世界各地を飛び回り、健康と油の関係について啓蒙活動を続けている。

pattern_a
自然豊かなカナダの大地でオーガニック栽培されたタネや穀物が原料。低温圧搾法で作っているので、まるで搾りたてのジュースのようなオイルです。
お届けはクール冷凍便、開封後も冷蔵保管の『ウドズオイル』は必須脂肪酸などのオイルの栄養素をいつでも新鮮な状態で摂ることができます。体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けるビタミンEを含む「栄養機能食品」です。




WEBからの購入の方限定で、通常商品も送料無料にてお送りさせていただきます。
おすすめの読みもの