カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

【読みもの】植物・ハーブ辞典 Vol.5 「アーティチョーク」

【読みもの】植物・ハーブ辞典 Vol.5 「アーティチョーク」
【読みもの】植物・ハーブ辞典 Vol.5 「アーティチョーク」
  • 【読みもの】植物・ハーブ辞典 Vol.5 「アーティチョーク」
  • 【読みもの】植物・ハーブ辞典 Vol.5 「アーティチョーク」

【会報誌よい日々とは】一覧ページの紹介文

 アーティチョークは、その見た目から観賞用としてはもちろん、欧米では野菜やサプリメントとして、東南アジア、特にベトナムでは健康茶として飲まれるなど、健康に役立つハーブとして世界中で愛用されています。

 メディカルハーブでは葉の部分を利用し、乾燥させてハーブティーにしたり、ウォッカやエタノールに浸けてチンキ剤(ハーブの有効成分を抽出した液体)を作り、飲み物に垂らしたり、化粧水や入浴剤として使ったりします。

 さまざまな機能性を持つメディカルハーブですが、葉には苦み物質が含まれているため、ハーブティーにするとかなり苦みを感じます。さわやかなペパーミントとブレンドしたり、フェンネルなどのスパイシーなハーブとブレンドすると、苦みがやわらぎ飲みやすくなります。

 魅力満載のハーブなので是非お試しください。
お客さま係 石山
日本メディカルハーブ協会認定
ハーバルセラピスト
価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)

※12,000円(税抜)未満の場合は別途送料がかかります

商品情報

商品特徴

欧米ではポピュラーなハーブ
 キク科の多年草であるアーティチョークは初夏に、15センチと大人の手のひらほどもある紫色の花を咲かせ、草丈も、大きいものでは2メートル近くになります。名前の語源となったアラビア語のアルカルチェフが「大きなアザミ」を意味する通り、アザミの花がそのまま巨大化したような姿は、初めて見る人を驚かせます。

 日本ではあまりなじみがなく、イタリアンやフレンチのレストランなどでたまに見かける高級な野菜というイメージですが、欧米では日常的な野菜で、花が咲く前のつぼみの部分を丸ごと蒸したり茹でたり、半分に切ってオーブンで焼いたりして食べます。 アーティチョークは水溶性の食物繊維を豊富に含んでいます。水溶性食物繊維は便秘の改善に有効で、腸内の調子を整え、糖質や脂質の吸収を抑えます。そのほかに、葉酸、ビタミンC、カロテン、カリウム、鉄分、マグネシウム、カルシウムといった栄養素も含みます。

 アーティチョークの葉や根を乾燥させたものは、古代ギリシア・ローマ時代より「メディカルハーブ」として珍重されており、現在でも世界各地でハーブティーなどとして生活に根付いています。
近年注目される「シナリン」
 アーティチョークは、特に葉の部分にポリフェノールの一種であるシナリンを多く含みます。シナリンは、海外では肝機能を高める胆汁分泌促進剤や高コレステロール血症の治療にも使われます。

 シナリンの独特の苦みが胆汁の分泌を促し、肝臓の負担をやわらげたり、肝細胞の回復を促進したりします。これが、古くから二日酔いに効くと言われる所以です。また、胆汁の分泌が多くなることで消化が促進されるため、夏バテなどの食欲不振時の改善に有効です。ほかにも、コレステロール値や中性脂肪値を下げる、利尿作用、便秘や生活習慣病の改善にも効果があるとされています。

 シナリンの研究は、国内外で活発になってきています。アーティチョークは今後ますます有望なハーブと言えるでしょう。

*キク科植物にアレルギーのある方は、注意が必要です。

よくいただくご質問

アーティチョーク
● 英語名:アーティチョーク
(和名:チョウセンアザミ)
● 地中海沿岸地方から中央アジア原産
  キク科チョウセンアザミ属

この商品に関連するカテゴリ

2018年6月4日

【読みもの】植物・ハーブ辞典 Vol.5 「アーティチョーク」

  • #植物・ハーブ辞典
  • #ハーブ
  • #アーティチョーク
【読みもの】植物・ハーブ辞典 Vol.5 「アーティチョーク」

欧米ではポピュラーなハーブ

  • アーティチョーク
    ● 英語名:アーティチョーク
    (和名:チョウセンアザミ)
    ● 地中海沿岸地方から中央アジア原産
      キク科チョウセンアザミ属

  •  キク科の多年草であるアーティチョークは初夏に、15センチと大人の手のひらほどもある紫色の花を咲かせ、草丈も、大きいものでは2メートル近くになります。名前の語源となったアラビア語のアルカルチェフが「大きなアザミ」を意味する通り、アザミの花がそのまま巨大化したような姿は、初めて見る人を驚かせます。

     日本ではあまりなじみがなく、イタリアンやフレンチのレストランなどでたまに見かける高級な野菜というイメージですが、欧米では日常的な野菜で、花が咲く前のつぼみの部分を丸ごと蒸したり茹でたり、半分に切ってオーブンで焼いたりして食べます。 アーティチョークは水溶性の食物繊維を豊富に含んでいます。水溶性食物繊維は便秘の改善に有効で、腸内の調子を整え、糖質や脂質の吸収を抑えます。そのほかに、葉酸、ビタミンC、カロテン、カリウム、鉄分、マグネシウム、カルシウムといった栄養素も含みます。

     アーティチョークの葉や根を乾燥させたものは、古代ギリシア・ローマ時代より「メディカルハーブ」として珍重されており、現在でも世界各地でハーブティーなどとして生活に根付いています。

近年注目される「シナリン」

  •  アーティチョークは、特に葉の部分にポリフェノールの一種であるシナリンを多く含みます。シナリンは、海外では肝機能を高める胆汁分泌促進剤や高コレステロール血症の治療にも使われます。

     シナリンの独特の苦みが胆汁の分泌を促し、肝臓の負担をやわらげたり、肝細胞の回復を促進したりします。これが、古くから二日酔いに効くと言われる所以です。また、胆汁の分泌が多くなることで消化が促進されるため、夏バテなどの食欲不振時の改善に有効です。ほかにも、コレステロール値や中性脂肪値を下げる、利尿作用、便秘や生活習慣病の改善にも効果があるとされています。

     シナリンの研究は、国内外で活発になってきています。アーティチョークは今後ますます有望なハーブと言えるでしょう。

    *キク科植物にアレルギーのある方は、注意が必要です。

  • 栽培方法をご確認ください

    栽培方法によって、味や有効成分の含有量、品質、安全性が異なります。化学肥料や農薬などを多用したものは、からだに悪影響を与える可能性があるので注意が必要です。セルフメディケーションのためには、オーガニックなどきちんとした管理のもとで栽培され、厳しい基準をクリアした高品質のハーブをお選びください。

pattern_a
 アーティチョークは、その見た目から観賞用としてはもちろん、欧米では野菜やサプリメントとして、東南アジア、特にベトナムでは健康茶として飲まれるなど、健康に役立つハーブとして世界中で愛用されています。

 メディカルハーブでは葉の部分を利用し、乾燥させてハーブティーにしたり、ウォッカやエタノールに浸けてチンキ剤(ハーブの有効成分を抽出した液体)を作り、飲み物に垂らしたり、化粧水や入浴剤として使ったりします。

 さまざまな機能性を持つメディカルハーブですが、葉には苦み物質が含まれているため、ハーブティーにするとかなり苦みを感じます。さわやかなペパーミントとブレンドしたり、フェンネルなどのスパイシーなハーブとブレンドすると、苦みがやわらぎ飲みやすくなります。

 魅力満載のハーブなので是非お試しください。
お客さま係 石山
日本メディカルハーブ協会認定
ハーバルセラピスト
おすすめの読みもの