カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定

ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定
ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定
  • ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定
  • ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定
WEB限定
ドイツ・フランクフルト在住
緒方-ヴェストベルグ 美樹さん



 オーガニックビューティアドバイザー。日本人で初・唯一のドイツ・レフォルムハウスアカデミー正式認定「ナチュラルコスメコンサルタント」を取得。著書に『ドイツ式オーガニックコスメのある生活』(BABジャパン)がある。

商品特徴

ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定

ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定
WEB限定
ドイツ・フランクフルト在住
緒方-ヴェストベルグ 美樹さん



 オーガニックビューティアドバイザー。日本人で初・唯一のドイツ・レフォルムハウスアカデミー正式認定「ナチュラルコスメコンサルタント」を取得。著書に『ドイツ式オーガニックコスメのある生活』(BABジャパン)がある。

商品情報

2020年9月1日

ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定

ドイツ式オーガニックな暮らし Web限定

  • 今までに経験したことのない夏を過ごすドイツ

    •  ドイツは現在真夏を迎え、世界の他国と同様、大人も子供も今までに経験したことのない夏休みを過ごしています。私が住むフランクフルトでは、外出・消費控えの習慣が定着したせいもあるのか、街中は人通りも少なく、またワイン祭など大きな夏のイベントは中止となっているため、例年と比べるととても静かです。

       遠方への旅行者数は今年は断然減っているものの、EU諸国間は既に自由に行き来が可能となったため、周りを見回すと、イタリア人の友人は約半年ぶりにイタリアの両親の元へ、韓国人の友人はスペイン人の婚約者と彼の故郷の南スペインへ、ドイツ人の友人は子供4人全員を連れギリシャへ休暇へと国外へ出掛ける派がいる一方、今年は飛行機や電車を避け、ドイツ国内で家族限定の休暇をと、キャンピングカーでドイツ人に人気の北海エリアに行った友人、私と同様街に残り、公園での散歩、静かなカフェでの一服や読書など、日常の延長を過ごす人々がいたり、意識や行動に個々人で違いが出ています。


    急速に定着したマスクの扱いに苦慮するドイツ人

    •  どこにいても、マスクの着用、ソーシャルディスタンス、ビーチや滞在場所等での細かな規制がついて回るので、やはりすっかり世界は変化したと実感します。

       ドイツでは元々マスク文化がなかった中、急速にマスクが定着したのは素晴らしい適応力だったのですが、温暖化による毎年の猛暑にエアコンの普及が追いつかず、真夏のマスク着用の不快さに悩むドイツ人が増えています。

       メディアでは皮膚科医等の専門家が、細菌の繁殖や肌荒れを防ぐため、マスクは1時間半毎に一旦外して深呼吸と気分転換をしてから再度装着する、メイクは出来るだけ控える、水分が少なく油分の多いフェイスクリームを使用する、マスクは息苦しくなりにくいジャージーや綿ネル生地を選ぶ、肌が炎症してしまった場合は湿らせた紅茶のティーバッグを10分程当て肌を落ち着かせる、60℃で洗濯するなどの具体的なアドバイスをしています。


    DIY好きのドイツ人の本領発揮、工夫して楽しむ!

    •  遠方に行かない決断をした残り組も、工夫を凝らして休暇気分を取り入れた毎日を過ごしています。ドイツではバルコニーのついたアパートメントが多く、週末は太陽を浴びながらゆっくりブランチを楽しむ習慣がありますが、今は空いてるスペースがあればデッキチェアを置き、新調したビキニを着てバルコニーでビーチ気分を楽しんだり、家で簡単に作れるカクテルのレシピなども今年はたくさん出てきています。

      また元々DIY好きなドイツ人にさらに拍車がかかり、いろいろなものを手作りしたり、急に増えた自由時間を使って楽器を習ったり、絵を描く趣味を再開したりする人も増えています。ハーブなどの植物を育てる人も増えたので緑が増え、バルコニーが特別な空間になって来ています。


    • 先日イタリア人の友人が、ピザを生地から作ってくれて、親しい友人数人を家に招待してくれました。
      通常の夏であれば、皆大きな休暇に出かけるので、このように集まれることはとても珍しいことです。バルコニーでの食事、その後は家の中での小さなギターコンサートなどで、楽しい夏のひと時でした。



    日本初「Shinrin Yoku(森林浴)」の人気

    •  公共のプール施設も全て再開していて、水を通した感染リスクはほとんどないという認識は広まっているものの、入場制限数、事前のオンライン予約の必要、マスク装着、トイレ、シャワー、ロッカー等の使用にも規制があるので、逆にストレスが溜まってしまうと、出掛けるのを渋る人が多いのも現状です。

       反比例するように急速に人気を集めているのが、森林浴です。ドイツでも「森の中での散歩」という意味ではドイツ文化としてずっとあるものですが、あくまで日本発のShinrin Yokuで、「ヒーリング森林バス」とドイツ語訳され、瞑想やヨガなどと共に、癒しのコンセプトとして数年前からじわじわと注目が集まっていました。不安やストレスの軽減、心身への深いリラックス効果に合わせて、暗くひんやりとした森の中でのクーリング効果、道具も器械も不要、細かい規制も予約の必要もない自由でホリスティックなヒーリングという意味で、まさに今の時期に適していて、人気が急上昇していることに納得がいきます。(2020年8月上旬執筆)


pattern_a
ドイツ・フランクフルト在住
緒方-ヴェストベルグ 美樹さん



 オーガニックビューティアドバイザー。日本人で初・唯一のドイツ・レフォルムハウスアカデミー正式認定「ナチュラルコスメコンサルタント」を取得。著書に『ドイツ式オーガニックコスメのある生活』(BABジャパン)がある。