カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

【読みもの】3ステップで「花粉」を遠ざける

【読みもの】3ステップで「花粉」を遠ざける
  • 【読みもの】3ステップで「花粉」を遠ざける
NEW,WEB限定
佐野 正行 (さの・まさゆき)先生

小坂整形外科院長。
(株)メディカル アンド ナレッジ カンパニー 代表
ナチュラルクリニック代々木 医師
NPO法人 予防医学・代替医療振興協会 学術理事
日本産業医協会 会長
佐野 正行先生
佐野 正行先生

佐野 正行(さの・まさゆき)先生

小坂整形外科院長。
(株)メディカル アンド ナレッジ カンパニー 代表
ナチュラルクリニック代々木 医師
NPO法人 予防医学・代替医療振興協会 学術理事
日本産業医協会 会長

3ステップで「花粉」を遠ざける

佐野先生は、外科医として活躍した経験を活かし、現在では治療のサポートや健康を向上させるための生活習慣や食事を提案する活動をされていて、論理的な説明と的確なアドバイスに定評があります。「花粉のトラブルは治らない」とあきらめる前に、是非続きをお読みください。
佐野先生曰く、「継続は力なり、一つでもできることからやってみましょう」

「花粉のトラブルは治りますよ」「本当ですか!?」

「花粉のトラブルは治らない、一生つきあうもの」と思われている方も多いと思いますが、佐野先生は「花粉のトラブルは治る」とおっしゃいます。もちろん先天的な体質などで難しい場合もありますが、私たちスタッフの中にも治った例があります。

「治療で処方されている薬は、くしゃみや鼻づまりを抑えているだけで、根本的に治っているわけではありません」。年々、薬の効きが悪くなった、症状が重くなってきたと感じていらっしゃる方はいませんか?

「それは、毎年毎年入ってきた花粉が溜まっていくばかりで、出していないからです」

入ってくるのは仕方がないこと、出せるからだを作ることが大切と佐野先生はおっしゃいます。症状を引き起こしている物質はどこに溜まっていて、どのように排出するのか、佐野先生から教えていただくとそれほど難しいことではありませんでした。そして、花粉のトラブルがからだの中の健康度を図るバロメーターにもなっているようです。

対策は、「入れない」「溜めない」「出す」の3ステップで。

「近年の花粉のトラブルは、「花粉」だけではなく、花粉に付着している有害な化学物質もからだに入ることによって、抵抗力や免疫力が低下し引き起こされている可能性があります」

佐野先生は、都会の花粉は化学物質にまみれていて「質」が悪いと危惧しています。外科医時代の肺の手術で見た北海道と東京の患者さんの肺の色は全然違ったそうです。「花粉も化学物質も少ない北海道のようなところに移住すると、すぐに治ると思いますよ(笑)」環境が大きな要因になっているようです。そうはいっても、住むところを移るのは現実的には難しいですよね。やはり、入ってくる量を減らすのが最初にできることです。

それでは、入ってきた花粉はどこに蓄積しているのでしょうか?

「花粉や化学物質は肥満細胞 に溜まって、限度を超えるとさまざまな症状が現れます。肥満細胞に溜まった物質を外に出すことができれば、症状も軽くなるはずです。それには、「質の良い油 」が役に立ちます」

2番目に必要なものは、花粉などの有害なものを肥満細胞から溶かし出すもの。「質の良い油」が大事になってきます。

溶かし出した花粉の行先は、「腸」です。出すための最終段階ですね。

「高齢になると、便秘になる方が多いですが、同時に花粉のトラブルも増えてきます」。それは、出にくくなっていることで、花粉が血液を通して体内に戻ってしまうからです。しっかり外に排出するためには腸内環境を整え、規則正しい便通を心がけましょう。

最後は、「腸内環境」の良し悪しが要になるようです。

「出す」ためのからだづくり、一緒にやってみませんか。

※1 「肥満細胞」とは
肥満細胞は、顆粒細胞(マスト細胞)ともいわれ、花粉やダニ由来のタンパク質など
アレルギーの原因物質と反応し、アレルギーを引き起こすといわれています。

※2 「質の良い油」とは
・有機・減農薬で栽培された原料を使用
・有機溶媒などで精製せずに抽出
・原料そのものの栄養が含まれている
・トランス脂肪酸が含まれていない

花粉をからだに溜めない3ステップ

「花粉のトラブル」は健康のバロメーター

「からだの基本がしっかりできていれば、花粉のトラブルも避けられますし、症状も軽く済みます」

佐野先生は、花粉のトラブルはからだの中の健康状態が表れていると考えておられます。さらに、症状の重さはさまざまな要因が関係しているとか。

「不規則な生活習慣、ストレス、多量のアルコールなど、からだのバランスを崩す要因は、症状の重さに影響してきます」特にアルコールは、飲みすぎると脱水傾向になり、代謝に重要な働きがある肝臓に悪影響を与え、出そうとする働きの妨げになるとか。症状が重い人は、アルコールはほどほどにした方が良さそうです。

 「最後になりますが、左上のチェック表を見て自分に当てはまる原因を探り、「入れない」「溜めない」「出す」の3ステップを一つずつできることから継続していきましょう」

無理に頑張ると、リバウンドしてストレスを抱え良くありません。一つずつの積み重ねは花粉のトラブルを抑えるだけじゃなく、からだの中もいい方向に向かい、健康度を高めることに繋がりそうです。

花粉のトラブルを招く生活習慣をチェック

「出す」ことが肝心!

私は花粉のトラブルはありませんが、着々と花粉が溜まっていつかは発症すると思っていました。佐野先生のお話を聞いて、花粉を外に出せることを教えていただき驚きました。何でもそうですが、溜めっぱなしは良くないですよね。「出す」ことを意識した生活は、花粉を遠ざけ、トラブルを防ぐことが期待できそうです。(よい日々編集 竹村)

価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)

※12,000円(税抜)未満の場合は別途送料がかかります

商品情報

商品特徴

2019年3月13日

【読みもの】3ステップで「花粉」を遠ざける

  • #花粉

3ステップで「花粉」を遠ざける

佐野先生は、外科医として活躍した経験を活かし、現在では治療のサポートや健康を向上させるための生活習慣や食事を提案する活動をされていて、論理的な説明と的確なアドバイスに定評があります。「花粉のトラブルは治らない」とあきらめる前に、是非続きをお読みください。
佐野先生曰く、「継続は力なり、一つでもできることからやってみましょう」

「花粉のトラブルは治りますよ」「本当ですか!?」

「花粉のトラブルは治らない、一生つきあうもの」と思われている方も多いと思いますが、佐野先生は「花粉のトラブルは治る」とおっしゃいます。もちろん先天的な体質などで難しい場合もありますが、私たちスタッフの中にも治った例があります。

「治療で処方されている薬は、くしゃみや鼻づまりを抑えているだけで、根本的に治っているわけではありません」。年々、薬の効きが悪くなった、症状が重くなってきたと感じていらっしゃる方はいませんか?

「それは、毎年毎年入ってきた花粉が溜まっていくばかりで、出していないからです」

入ってくるのは仕方がないこと、出せるからだを作ることが大切と佐野先生はおっしゃいます。症状を引き起こしている物質はどこに溜まっていて、どのように排出するのか、佐野先生から教えていただくとそれほど難しいことではありませんでした。そして、花粉のトラブルがからだの中の健康度を図るバロメーターにもなっているようです。

対策は、「入れない」「溜めない」「出す」の3ステップで。

「近年の花粉のトラブルは、「花粉」だけではなく、花粉に付着している有害な化学物質もからだに入ることによって、抵抗力や免疫力が低下し引き起こされている可能性があります」

佐野先生は、都会の花粉は化学物質にまみれていて「質」が悪いと危惧しています。外科医時代の肺の手術で見た北海道と東京の患者さんの肺の色は全然違ったそうです。「花粉も化学物質も少ない北海道のようなところに移住すると、すぐに治ると思いますよ(笑)」環境が大きな要因になっているようです。そうはいっても、住むところを移るのは現実的には難しいですよね。やはり、入ってくる量を減らすのが最初にできることです。

それでは、入ってきた花粉はどこに蓄積しているのでしょうか?

「花粉や化学物質は肥満細胞 に溜まって、限度を超えるとさまざまな症状が現れます。肥満細胞に溜まった物質を外に出すことができれば、症状も軽くなるはずです。それには、「質の良い油 」が役に立ちます」

2番目に必要なものは、花粉などの有害なものを肥満細胞から溶かし出すもの。「質の良い油」が大事になってきます。

溶かし出した花粉の行先は、「腸」です。出すための最終段階ですね。

「高齢になると、便秘になる方が多いですが、同時に花粉のトラブルも増えてきます」。それは、出にくくなっていることで、花粉が血液を通して体内に戻ってしまうからです。しっかり外に排出するためには腸内環境を整え、規則正しい便通を心がけましょう。

最後は、「腸内環境」の良し悪しが要になるようです。

「出す」ためのからだづくり、一緒にやってみませんか。

※1 「肥満細胞」とは
肥満細胞は、顆粒細胞(マスト細胞)ともいわれ、花粉やダニ由来のタンパク質など
アレルギーの原因物質と反応し、アレルギーを引き起こすといわれています。

※2 「質の良い油」とは
・有機・減農薬で栽培された原料を使用
・有機溶媒などで精製せずに抽出
・原料そのものの栄養が含まれている
・トランス脂肪酸が含まれていない

花粉をからだに溜めない3ステップ

「花粉のトラブル」は健康のバロメーター

「からだの基本がしっかりできていれば、花粉のトラブルも避けられますし、症状も軽く済みます」

佐野先生は、花粉のトラブルはからだの中の健康状態が表れていると考えておられます。さらに、症状の重さはさまざまな要因が関係しているとか。

「不規則な生活習慣、ストレス、多量のアルコールなど、からだのバランスを崩す要因は、症状の重さに影響してきます」特にアルコールは、飲みすぎると脱水傾向になり、代謝に重要な働きがある肝臓に悪影響を与え、出そうとする働きの妨げになるとか。症状が重い人は、アルコールはほどほどにした方が良さそうです。

 「最後になりますが、左上のチェック表を見て自分に当てはまる原因を探り、「入れない」「溜めない」「出す」の3ステップを一つずつできることから継続していきましょう」

無理に頑張ると、リバウンドしてストレスを抱え良くありません。一つずつの積み重ねは花粉のトラブルを抑えるだけじゃなく、からだの中もいい方向に向かい、健康度を高めることに繋がりそうです。

花粉のトラブルを招く生活習慣をチェック

「出す」ことが肝心!

私は花粉のトラブルはありませんが、着々と花粉が溜まっていつかは発症すると思っていました。佐野先生のお話を聞いて、花粉を外に出せることを教えていただき驚きました。何でもそうですが、溜めっぱなしは良くないですよね。「出す」ことを意識した生活は、花粉を遠ざけ、トラブルを防ぐことが期待できそうです。(よい日々編集 竹村)

pattern_a
佐野 正行 (さの・まさゆき)先生

小坂整形外科院長。
(株)メディカル アンド ナレッジ カンパニー 代表
ナチュラルクリニック代々木 医師
NPO法人 予防医学・代替医療振興協会 学術理事
日本産業医協会 会長
佐野 正行先生
佐野 正行先生

佐野 正行(さの・まさゆき)先生

小坂整形外科院長。
(株)メディカル アンド ナレッジ カンパニー 代表
ナチュラルクリニック代々木 医師
NPO法人 予防医学・代替医療振興協会 学術理事
日本産業医協会 会長
おすすめの読みもの