カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

【Special Column】#2 遠赤外線のチカラ「サンマット」

【Special Column】#2 遠赤外線のチカラ「サンマット」
  • 【Special Column】#2 遠赤外線のチカラ「サンマット」

遠赤外線のチカラ

質のよい遠赤外線を出す温熱治療器「サン・マット」

信頼されているから

医療現場で選ばれています

遠赤外線治療器のパイオニアでサン・マットの販売元である㈱サンメディカルの佐藤泰さんに遠赤外線の温熱効果についてお聞きしました。

“質のよい”遠赤外線じゃないと効果がない

 世の中には遠赤外線の電化製品が数多く出回っていますが、遠赤外線の「質」について意識したことはありますか? からだによい効果をもたらす質のよい波長があります。
 「人間からもさまざまな遠赤外線の波長が出ていますが、そのうち約半分が8~15ミクロンあたりの波長に集中しています。その部分を“生育光線”と呼んでいます。外から遠赤外線をあてた場合、同一波長の遠赤外線であれば、より大きく細胞が共振共鳴します。遠赤外線効果として温めたり血行が良くなったりして、その結果として病気の治療にも有用な効果がもたらされます。質のよい波長というのは、だいたい8~15ミクロンあたりのことをいいます」
 それ以下の遠赤外線波長を多く含む場合は、低温やけどなどのトラブルを引き起こすこともあるとか。佐藤さんは遠赤外線の質で効果の現れ方はまったく違うものになると強調します。

遠赤外線の温熱効果は健康にも役立つ

 「弊社の商品に整形外科で肩や腰などの患部に遠赤外線を照射する「サン・ビーマー」という赤外線治療器があります。サン・マットはサン・ビーマーを敷くタイプにアレンジしたもので、最初は医療機関向けに開発しましたが、通院後もご自宅で使いたいという要望が多く寄せられて家庭用を作りました」
 質のよい遠赤外線がからだに入ると、からだの中から体温が上昇し、血行がよくなり、細胞や組織の新陳代謝を助けることによって、治療効果を得ることができるそうです。
 「サン・マットは、遠赤外線の質のよさや安全性が極めて高い製品と自信を持っています。最近では不妊治療での利用が増えています。医師によれば骨盤内血流改善が必要との事。サン・マットの敷きタイプはご自宅で就寝中に使用します。時間と場所を取らず、低温やけども起さず、効果は学会発表されています。サン・マットご使用の方から喜びの声をいただくたび、これからも少しでもお手伝いができればと思っています」

冷え性の妻が、日に日に元気に!
こさか

小坂

ただし

冷え性の妻は、ずっと体調が悪い状態が続いていました。すべての原因は「冷え」にあると考え、就寝中、サン・マットによる温熱療法を始めたところ、今までの苦労が嘘みたいに気持ちよく眠っています。日に日に元気になっていくのを目の当たりにして、遠赤外線の力を確信しました。

人間は体温を維持するための熱をつくることに、膨大なエネルギーを使っています。からだに熱を蓄えることができれば、熱をつくるエネルギーをほかのことに使えて、からだに余力が生まれます。これはからだが喜ぶと思いますね。
※感じ方には個人差があります。
熟睡できる幸せ、疲れも肩こりも解消!
のずえ

野末

えつこ

悦子

寝具用にLLサイズを愛用しています。寝るだけで、からだの芯から温まって熱が蓄えられていますので、朝起きたときに寒い部屋でもぱっと着替えて動きだすことができます。寝ているときは温泉に入っているような心地よさで、もう手放せません。足がつることも、肩こり、腰痛もすっかり改善されました。

忙しくて睡眠時間が少ないときでも、前日の疲れが嘘のようにとれてすっきりしています。眠りの質がよくなっているんでしょうね。温度調節もできますから、その時の気温や体調に合わせて、快適に使えるところも気に入っています。

そのほかに、パソコンを使うときの足元にMサイズ、お腹・腰・肩にはBS型(巻き付けタイプ)も愛用していて、冷え知らずで大満足です!
※感じ方には個人差があります。

サン・マットの遠赤外線温熱効果

  • 血行をよくする
  • 神経痛、筋肉痛の痛みを軽減
  • 疲労回復
  • 筋肉の疲れをとる
  • 筋肉のコリをとる
  • 胃腸の働きを活発にする
医療現場でも使われてるから安心!
さとう

佐藤

やすし

㈱サンメディカルは、遠赤外線を利用した温熱治療器を扱うメーカー。医療機関向けの治療器を発売してから約38年、一貫して遠赤外線に関する研究・開発を手掛けています。佐藤さんは営業担当として、全国の医療機関への導入に尽力しています。

※12,000円(税抜)未満の場合は別途送料がかかります

商品情報

商品特徴

この商品に関連するカテゴリ

2018年12月15日

【Special Column】#2 遠赤外線のチカラ「サンマット」

遠赤外線のチカラ

質のよい遠赤外線を出す温熱治療器「サン・マット」

信頼されているから

医療現場で選ばれています

遠赤外線治療器のパイオニアでサン・マットの販売元である㈱サンメディカルの佐藤泰さんに遠赤外線の温熱効果についてお聞きしました。

“質のよい”遠赤外線じゃないと効果がない

 世の中には遠赤外線の電化製品が数多く出回っていますが、遠赤外線の「質」について意識したことはありますか? からだによい効果をもたらす質のよい波長があります。
 「人間からもさまざまな遠赤外線の波長が出ていますが、そのうち約半分が8~15ミクロンあたりの波長に集中しています。その部分を“生育光線”と呼んでいます。外から遠赤外線をあてた場合、同一波長の遠赤外線であれば、より大きく細胞が共振共鳴します。遠赤外線効果として温めたり血行が良くなったりして、その結果として病気の治療にも有用な効果がもたらされます。質のよい波長というのは、だいたい8~15ミクロンあたりのことをいいます」
 それ以下の遠赤外線波長を多く含む場合は、低温やけどなどのトラブルを引き起こすこともあるとか。佐藤さんは遠赤外線の質で効果の現れ方はまったく違うものになると強調します。

遠赤外線の温熱効果は健康にも役立つ

 「弊社の商品に整形外科で肩や腰などの患部に遠赤外線を照射する「サン・ビーマー」という赤外線治療器があります。サン・マットはサン・ビーマーを敷くタイプにアレンジしたもので、最初は医療機関向けに開発しましたが、通院後もご自宅で使いたいという要望が多く寄せられて家庭用を作りました」
 質のよい遠赤外線がからだに入ると、からだの中から体温が上昇し、血行がよくなり、細胞や組織の新陳代謝を助けることによって、治療効果を得ることができるそうです。
 「サン・マットは、遠赤外線の質のよさや安全性が極めて高い製品と自信を持っています。最近では不妊治療での利用が増えています。医師によれば骨盤内血流改善が必要との事。サン・マットの敷きタイプはご自宅で就寝中に使用します。時間と場所を取らず、低温やけども起さず、効果は学会発表されています。サン・マットご使用の方から喜びの声をいただくたび、これからも少しでもお手伝いができればと思っています」

冷え性の妻が、日に日に元気に!
こさか

小坂

ただし

冷え性の妻は、ずっと体調が悪い状態が続いていました。すべての原因は「冷え」にあると考え、就寝中、サン・マットによる温熱療法を始めたところ、今までの苦労が嘘みたいに気持ちよく眠っています。日に日に元気になっていくのを目の当たりにして、遠赤外線の力を確信しました。

人間は体温を維持するための熱をつくることに、膨大なエネルギーを使っています。からだに熱を蓄えることができれば、熱をつくるエネルギーをほかのことに使えて、からだに余力が生まれます。これはからだが喜ぶと思いますね。
※感じ方には個人差があります。
熟睡できる幸せ、疲れも肩こりも解消!
のずえ

野末

えつこ

悦子

寝具用にLLサイズを愛用しています。寝るだけで、からだの芯から温まって熱が蓄えられていますので、朝起きたときに寒い部屋でもぱっと着替えて動きだすことができます。寝ているときは温泉に入っているような心地よさで、もう手放せません。足がつることも、肩こり、腰痛もすっかり改善されました。

忙しくて睡眠時間が少ないときでも、前日の疲れが嘘のようにとれてすっきりしています。眠りの質がよくなっているんでしょうね。温度調節もできますから、その時の気温や体調に合わせて、快適に使えるところも気に入っています。

そのほかに、パソコンを使うときの足元にMサイズ、お腹・腰・肩にはBS型(巻き付けタイプ)も愛用していて、冷え知らずで大満足です!
※感じ方には個人差があります。

サン・マットの遠赤外線温熱効果

  • 血行をよくする
  • 神経痛、筋肉痛の痛みを軽減
  • 疲労回復
  • 筋肉の疲れをとる
  • 筋肉のコリをとる
  • 胃腸の働きを活発にする
医療現場でも使われてるから安心!
さとう

佐藤

やすし

㈱サンメディカルは、遠赤外線を利用した温熱治療器を扱うメーカー。医療機関向けの治療器を発売してから約38年、一貫して遠赤外線に関する研究・開発を手掛けています。佐藤さんは営業担当として、全国の医療機関への導入に尽力しています。