カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

【読みもの】その不調、もしかしたら「毒素」のせいかもしれません

【読みもの】その不調、もしかしたら「毒素」のせいかもしれません
  • 【読みもの】その不調、もしかしたら「毒素」のせいかもしれません
WEB限定

環境汚染が進んでいる現代では、私たちは普通に生活しているだけで「毒素」を体内に取り込んでしまっています。

車の排気ガスやダイオキシンなどの大気汚染、水道水に含まれる水銀や鉛、食べものに含まれる食品添加物や農薬・・・現代に生きる私たちは避けて通ることはできません。ある試算によると、日本人は、一人当たり1年間に約4㎏もの食品添加物を食べているそうです。

「毒素」が怖いのは、日常生活の中で無意識のうちに体内に入り込んで溜まってしまうこと。そして、「毒素」がからだの許容範囲を超えるとさまざまなトラブルを起こしてしまうのです。もしかしたら、夏から秋への季節の変わり目だから・・と思っている不調が、実は日々溜め込んでしまった「毒素」のせい、という可能性も十分にあります。

毒素を溜めてしまうと

私たちはさまざまな毒素に囲まれて生活しています。加工食品など食品添加物の多い食品を食べる機会が多い、野菜をあまり摂らない、浄水していない水道水を利用することがある、食事が不規則、ストレスが多い、日用品に含まれる化学物質をあまり気にしない・・・などの要素が生活の中に多くあると、どうしても体内に毒素を溜め込みやすくなってしまいます。

体内に毒素を溜めてしまうと、どのような不調が起きてしまうのでしょうか? 毒素による不調は、それぞれに原因はあるものの、

食べものなどから毒素が体内に入る

腸内細菌のバランスが崩れて老廃物が溜まる

酸化した毒素が血液に入って全身に回る

その結果として
さまざまな不調を引き起こす

という流れは共通しています。
例えば、アレルギーなどは体内に溜まった毒素を、からだがなんとか外に出そうとして起こっているものといわれており、また、加齢による脳の働きの低下や衰えに関しても、体内に蓄積された重金属などの有害物質が要因の一部ではないかと考えられるようになっています。

からだへの負担を最小限に抑えるには、できるだけ化学物質を体内に入れないようにし、入ってしまった毒素は出して蓄積しないようにすることが重要です。

入ってしまったものはすみやかに出す

環境汚染が進む現代の生活では、有害物質が体内に入り込むことを完璧に防ぐことは不可能です。このため体内が汚染されていくよりも早いスピードで出していく必要があります。私たちは、体内に蓄積された毒素を主に「便」「尿」「汗」「爪」「毛髪」の5つの出口から排出しています。

体内の毒素の75%は便から出ていきます。便が長く留まると悪玉菌が繁殖し、毒素が排泄されないばかりか、新たな毒素が発生してしまいます。腸内環境を整え、お通じを良くするのが効果的な体内浄化につながります。

良い腸内環境になると、栄養の吸収が高まり、毒素に対抗するからだづくりにも役立ちます。野菜や果物、豆、いも類、雑穀、海藻など食物繊維を毎日たっぷり摂りましょう。そして、毎日の生活の中で、毒素を出していくことも、とても大切です。

化学物質に対応できていない私たちのからだ

長い地球の生命活動の中で、登場してまだ60年あまりの化学物質に私たちのからだは対応できていません。そのため、有害な化学物質や重金属がからだの中に入ってしまうと、体内にすぐ蓄積されてしまいます。そして、それが細胞や組織と結びつくと、からだが本来持っている機能はダメージを受け、さまざまなトラブルが起こってしまうのです。

カナダ・フローラ社
ナチュラルヘルスカウンセラー
ホメオパシー療法士(DHM)
ピーター・V・クエンター氏

毎日の生活の中で「浄化」するためのポイント

●飲む

水を飲むことは「浄化」するための基本です。水は細胞内の老廃物や毒素を尿や便、汗とともに外に出し、細胞に栄養を運ぶ重要な役割をします。水分補給で体内の水分サイクルを正常に保ち、体内浄化作用を促進し、健康を保つことができます。

●食べる

毒素をからだの外に出すには、十分なビタミンやミネラル、抗酸化物質、食物繊維、からだに良い脂肪やオイルなどをバランス良く摂取することが大切です。これらの栄養素を摂ることによって、からだの中の浄化をしてくれる器官が効率的に働いてくれるようになります。

●入浴する

毒素の出口である「汗」。入浴で出る汗は、体温調節のために出る水っぽい汗と異なる、毒素を排出するのに必要な皮膚の奥にある皮脂腺から出る「じんわり汗」。この汗は体内に蓄積された毒素やコレステロールなどの脂肪分が含まれています。入浴でからだが温まると血液やリンパ液の流れがスムーズになり、汗の他にも便や尿も出やすくなり、疲労物質の浄化を促進していきます。

すべての健康維持、予防は毒素を出していくことから始まります。体内を浄化してからだも心も健やかな毎日を過ごしていきたいですよね。

価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)
価格: 0円(税抜)

※12,000円(税抜)未満の場合は別途送料がかかります

商品情報

商品特徴

この商品に関連するカテゴリ

2019年2月1日

【読みもの】その不調、もしかしたら「毒素」のせいかもしれません

環境汚染が進んでいる現代では、私たちは普通に生活しているだけで「毒素」を体内に取り込んでしまっています。

車の排気ガスやダイオキシンなどの大気汚染、水道水に含まれる水銀や鉛、食べものに含まれる食品添加物や農薬・・・現代に生きる私たちは避けて通ることはできません。ある試算によると、日本人は、一人当たり1年間に約4㎏もの食品添加物を食べているそうです。

「毒素」が怖いのは、日常生活の中で無意識のうちに体内に入り込んで溜まってしまうこと。そして、「毒素」がからだの許容範囲を超えるとさまざまなトラブルを起こしてしまうのです。もしかしたら、夏から秋への季節の変わり目だから・・と思っている不調が、実は日々溜め込んでしまった「毒素」のせい、という可能性も十分にあります。

毒素を溜めてしまうと

私たちはさまざまな毒素に囲まれて生活しています。加工食品など食品添加物の多い食品を食べる機会が多い、野菜をあまり摂らない、浄水していない水道水を利用することがある、食事が不規則、ストレスが多い、日用品に含まれる化学物質をあまり気にしない・・・などの要素が生活の中に多くあると、どうしても体内に毒素を溜め込みやすくなってしまいます。

体内に毒素を溜めてしまうと、どのような不調が起きてしまうのでしょうか? 毒素による不調は、それぞれに原因はあるものの、

食べものなどから毒素が体内に入る

腸内細菌のバランスが崩れて老廃物が溜まる

酸化した毒素が血液に入って全身に回る

その結果として
さまざまな不調を引き起こす

という流れは共通しています。
例えば、アレルギーなどは体内に溜まった毒素を、からだがなんとか外に出そうとして起こっているものといわれており、また、加齢による脳の働きの低下や衰えに関しても、体内に蓄積された重金属などの有害物質が要因の一部ではないかと考えられるようになっています。

からだへの負担を最小限に抑えるには、できるだけ化学物質を体内に入れないようにし、入ってしまった毒素は出して蓄積しないようにすることが重要です。

入ってしまったものはすみやかに出す

環境汚染が進む現代の生活では、有害物質が体内に入り込むことを完璧に防ぐことは不可能です。このため体内が汚染されていくよりも早いスピードで出していく必要があります。私たちは、体内に蓄積された毒素を主に「便」「尿」「汗」「爪」「毛髪」の5つの出口から排出しています。

体内の毒素の75%は便から出ていきます。便が長く留まると悪玉菌が繁殖し、毒素が排泄されないばかりか、新たな毒素が発生してしまいます。腸内環境を整え、お通じを良くするのが効果的な体内浄化につながります。

良い腸内環境になると、栄養の吸収が高まり、毒素に対抗するからだづくりにも役立ちます。野菜や果物、豆、いも類、雑穀、海藻など食物繊維を毎日たっぷり摂りましょう。そして、毎日の生活の中で、毒素を出していくことも、とても大切です。

化学物質に対応できていない私たちのからだ

長い地球の生命活動の中で、登場してまだ60年あまりの化学物質に私たちのからだは対応できていません。そのため、有害な化学物質や重金属がからだの中に入ってしまうと、体内にすぐ蓄積されてしまいます。そして、それが細胞や組織と結びつくと、からだが本来持っている機能はダメージを受け、さまざまなトラブルが起こってしまうのです。

カナダ・フローラ社
ナチュラルヘルスカウンセラー
ホメオパシー療法士(DHM)
ピーター・V・クエンター氏

毎日の生活の中で「浄化」するためのポイント

●飲む

水を飲むことは「浄化」するための基本です。水は細胞内の老廃物や毒素を尿や便、汗とともに外に出し、細胞に栄養を運ぶ重要な役割をします。水分補給で体内の水分サイクルを正常に保ち、体内浄化作用を促進し、健康を保つことができます。

●食べる

毒素をからだの外に出すには、十分なビタミンやミネラル、抗酸化物質、食物繊維、からだに良い脂肪やオイルなどをバランス良く摂取することが大切です。これらの栄養素を摂ることによって、からだの中の浄化をしてくれる器官が効率的に働いてくれるようになります。

●入浴する

毒素の出口である「汗」。入浴で出る汗は、体温調節のために出る水っぽい汗と異なる、毒素を排出するのに必要な皮膚の奥にある皮脂腺から出る「じんわり汗」。この汗は体内に蓄積された毒素やコレステロールなどの脂肪分が含まれています。入浴でからだが温まると血液やリンパ液の流れがスムーズになり、汗の他にも便や尿も出やすくなり、疲労物質の浄化を促進していきます。

すべての健康維持、予防は毒素を出していくことから始まります。体内を浄化してからだも心も健やかな毎日を過ごしていきたいですよね。

おすすめの読みもの