女性婦人科医のさきがけ 野末 悦子先生に「温めることの大切さ」を教えていただきました。

女性特有の悩み冷えを遠赤外線で解消しよう 女性特有の悩み冷えを遠赤外線で解消しよう

冷えは万病の元といっても過言ではありません。女性特有の悩みの原因と解消方法について、専門医である野末先生にお話をお聞きしました。

冷えの原因は「女性ホルモン」も影響

 年齢を重ねてくると、冷えの影響が変化していると感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。若いころは、「手足が温まらない」「肌あれ」「むくみ」など外見に現れることが多いですが、年齢を重ねてくると、内面的な機能低下に影響が現れてきます。
 「40代以降になると、女性ホルモンの分泌量が急に減少することにより、自律神経に影響を与え、からだを温める機能にトラブルが生じてしまいます。冷えだけの症状では済まなくなってきます。女性ホルモンが、女性のからだを守ってくれているからなのです」。そのために、せっかくお風呂で温まっても、「からだがすぐに冷えてしまって、結果、眠れない人も多い」と、野末先生は冷えによる悪影響を強調します。

〝のぼせ・ほてり〟も冷えが原因

 更年期の症状で「顔はだらだらと汗をかいて暑いのに、からだが寒い」ということがあります。50種類以上ある更年期の症状の中で、もっとも多くの方に現れる症状です。
 「これは、女性ホルモンの減少によって、血管の拡張や収縮を調整している自律神経が乱れることによって起こる現象で、からだの上半身と下半身の血行不良による冷えが原因になっています。また、自律神経は体温や発汗のコントロールもしていますので、のぼせ・ほてりなどの症状になって現れてきます」と野末先生はおっしゃいます。毎日の体温測定は、気が付かなかった「低体温」などの冷えの状況を把握するにはいい方法だそうです。

冷えは「万病の元」温めることが一番の健康法

 「多くの患者さんを診てきましたが、特に最近は冷えている方が多いですね。手を握ると、ほんとに冷たくて。医学的な治療は施しますが、私はまず温めることをおすすめしています」と野末先生。
 先生の手は本当に温かくてびっくりしました。そんな温かさを保持している先生の冷え対策について伺いました。
 「私は遠赤外線のマットを活用しています。若い頃に病気をし、冷え性でもありますので、とにかく温めることが一番の健康法だと思っています。女性にとって、冷えはさまざまな症状の原因になることが多いですよ。遠赤外線のマットのおかげで、よく眠れますし、私の元気の源ですね」。

のずえ

野末

えつこ

悦子

1997年コスモス女性クリニックを開設。16年にわたり女性の疾患、健康相談にあたる。2013年4月より介護老人保健施設「樹の丘」施設長および、久地診療所の婦人科医として、地域医療に取り組む。現在は、執筆、講演活動などで活躍中。

よい日々ショップ 遠赤外線商品のご紹介

詳細 質のよい遠赤外線の波長で、からだをやさしく温め、血液の巡りがよくなる、医療用遠赤外線治療器です。 詳細 火を使わない安全設計で、からだの芯からポカポカと温める遠赤外線セラミックヒーターです。

よい日々ショップでは、さまざまな場面や目的で使えるラインナップを揃えています。電気が必要なもの、電気不要でエコなものもございます。「いつ・どこで・どのように」使うのかを考えながら、商品をお選びください。

詳細 寝ているだけでからだの芯から温まり、心地よい睡眠をサポートします。リラックス効果も。

詳細 お腹や腰、下半身など冷えが気になるところにあてるだけで、じんわりと温かくなります。外出時にも重宝します。

遠赤外線とは?

遠赤外線とは?

A

遠赤外線とは、「熱」ではなく、電磁波の一つです。電磁波というと、からだに悪影響を及ぼしそうですが、遠赤外線の波長はからだへの悪影響はありません。むしろ、生物の健全な生育と深く関わっているとされています。

遠赤外線は、からだの分子と周波数が合うため、よく共振します。太陽光を浴びると温かいのは太陽光の遠赤外線が私たちのからだの分子を効率よく振動させ、その運動が熱を生み出しているからです。遠赤外線を利用した暖房機器は私たちのからだで同じことを起こします。