カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回

ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回
ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回
  • ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回
  • ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回
ドイツ・フランクフルト在住
緒方-ヴェストベルグ 美樹さん



 オーガニックビューティアドバイザー。日本人で初・唯一のドイツ・レフォルムハウスアカデミー正式認定「ナチュラルコスメコンサルタント」を取得。著書に『ドイツ式オーガニックコスメのある生活』(BABジャパン)がある。

商品特徴

ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回

ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回
ドイツ・フランクフルト在住
緒方-ヴェストベルグ 美樹さん



 オーガニックビューティアドバイザー。日本人で初・唯一のドイツ・レフォルムハウスアカデミー正式認定「ナチュラルコスメコンサルタント」を取得。著書に『ドイツ式オーガニックコスメのある生活』(BABジャパン)がある。

商品情報

2020年4月6日

ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回

ドイツ式オーガニックな暮らし 第10回

  • 伝統や季節との結びつきを大切にするドイツ菓子

    •  日本ではデパ地下やコンビニなど、甘い物市場の競争が激しいせいか、世界中のアイディアを凝縮した手の込んだ新商品が次々と登場しては消え、また新しいものが現れるということが繰り返されている印象を受けます。一方ドイツは日本のような競争や目まぐるしい流行がなく、独自の伝統や季節感を守り続けていると言えるでしょう。

       日本で定番のバウムクーヘンは、本場ドイツでは皮肉にもクリスマス時期以外、なかなか手に入りません。またシュトレンも、日本では生地の軽いものやトッピングも様々なタイプが出てきているようですが、ドイツでは家庭でもお店でも、生地は常にずっしり、中身のドライフルーツやナッツの種類や分量も毎年同じで、何世代も続くレシピ通りに作るなど「変えないこと」が特徴です。

       またドイツ人は老若男女ケーキ好きです。チョコレートやチーズのケーキは季節を問いませんが、果物を使ったケーキは旬と密接に結びついています。カフェやケーキ屋では、苺やルバーブのケーキは4~6月、ブルーベリーケーキは7~8月、りんごやプラムのケーキは9~10月と旬の時期のみ登場します。好物の果物のケーキが旬でない時期に恋しくなることもありますが、その分、年に一度の限定時期に出会えると喜びはひとしおです。旬の果物は、国内・地域内で収穫されているので新鮮で栄養価が高く、低価格でボリュームたっぷりなのも魅力です。また家庭でも、例えば春は、家族で摘んだ苺を使ったケーキを焼いて、休日の午後に親戚や友人を家に招いたりします。話も弾み、思い出も深まるドイツ風のおもてなしです。

    マジパンはドイツ菓子の最後の切り札!?

    •  ドイツ人にとっては好物、日本では未だ認知度が低いドイツの甘い物の代表格はマジパンでしょう。日本ではマジパンというとケーキの上にのった飾り用の人形の材料というイメージが強いのですが、本来のドイツのマジパンは、19世紀にパティシエが王に献上していた歴史があるほどの、立派な主役です。粉末アーモンド、砂糖、卵黄、ローズウォーター等を練り固めた、適度な重量感があり、アーモンドの香り豊かな、甘すぎない、美味しいお菓子です。

       また、ドイツのシュトレンの中には必ずマジパンが入っていて、特有のコクとしっとり感の秘密はマジパンにあると言われるほど、脇役としても欠かせないドイツの味です。

    日常の甘い物はヘルシーに進化

    •  「ハレ」の甘い物がケーキやマジパンだとすると、「ケ」の甘い物は、子供達が学校から帰ってきて食べたり、大人が午後の仕事の合間に食べたりする、スーパー等で売られているチョコレート、クッキー等でしょう。安価で気軽に手に入り、沢山の選択肢があります。生活習慣病が増加し続けているドイツでは、ここ数年、砂糖や炭水化物の有害性が大きく報道されるようになり、ヘルシーなお菓子の需要と人気が高まっています。チョコレートは糖分が少なく、ポリフェノールをより多く含むカカオ率の高いタイプが最近では人気で、含有カカオ率60%、70%、85%、95%等細かく分かれた製品が並びます。クッキーも精製小麦ではなく、全粒小麦、スペルト小麦、オート麦、ココナッツ等をベースにしたものに、デーツ、ライス、アプリコットシロップなどの代替糖分で甘みを出したりと、いろいろ工夫がされ、新商品が次々出てきています。

    • フランクフルト土産の代表「ベスメンヒェン」。19世紀にフランクフルト郊外のベスマン家で来客に振る舞ったのが始まりとされ、後に王への献上菓子として有名になった、世界中で人気のマジパン。球形のマジパンにベスマン家の息子を表す3片のアーモンドがついている。その形状とレシピは当時から150年間変わらず守り続けられている。

pattern_a
ドイツ・フランクフルト在住
緒方-ヴェストベルグ 美樹さん



 オーガニックビューティアドバイザー。日本人で初・唯一のドイツ・レフォルムハウスアカデミー正式認定「ナチュラルコスメコンサルタント」を取得。著書に『ドイツ式オーガニックコスメのある生活』(BABジャパン)がある。