カート

お電話でのご相談

お気軽にお電話ください!
js_flag_ArticleDetail

【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」

【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」
【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」
  • 【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」
  • 【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」

【会報誌よい日々とは】一覧ページの紹介文

佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家


ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家




ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
新わかめと鯛のくず煮

購入はこちら※ 12,960円(税込)未満の場合別途送料がかかります

価格: 0円(税込)
価格: 0円(税込)
価格: 0円(税込)
価格: 0円(税込)

商品特徴

よくいただくご質問

四方を海に囲まれている日本では、わかめは古くから馴染みがある海藻の一つです。
低カロリーでありながら、ビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維は約40%(乾燥わかめの重量に対して)も含まれています。食物繊維とは、大腸にそのまま届き、食べ物のカスや老廃物、有害物質などをからめ取り、便の材料になる成分です。腸内細菌のエサにもなり腸内環境を整える働きがあります。水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれ特長は異なりますが、わかめにはどちらも含まれており、質・量ともに効率的に食物繊維を摂ることができます。
わかめは和洋中いろいろなタイプの料理に合いやすく、毎日の食事にも取り入れやすいでしょう。

【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」

【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」

【会報誌よい日々とは】一覧ページの紹介文

佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家


ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家




ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
新わかめと鯛のくず煮

購入はこちら※ 12,960円(税込)未満の場合別途送料がかかります

価格: 0円(税込)
価格: 0円(税込)
価格: 0円(税込)
価格: 0円(税込)

商品情報

2019年4月8日

【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」

【読みもの】新・旬の元気レシピ 第7回 「新わかめと鯛のくず煮」
新わかめと鯛のくず煮
  • 四方を海に囲まれている日本では、わかめは古くから馴染みがある海藻の一つです。
    低カロリーでありながら、ビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維は約40%(乾燥わかめの重量に対して)も含まれています。食物繊維とは、大腸にそのまま届き、食べ物のカスや老廃物、有害物質などをからめ取り、便の材料になる成分です。腸内細菌のエサにもなり腸内環境を整える働きがあります。水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれ特長は異なりますが、わかめにはどちらも含まれており、質・量ともに効率的に食物繊維を摂ることができます。
    わかめは和洋中いろいろなタイプの料理に合いやすく、毎日の食事にも取り入れやすいでしょう。

  • 一年中出回っている「わかめ」も「鯛」も春が旬の食材で、わかめは「新わかめ」、鯛は「桜鯛」と呼ばれています。食材同士の相性もよく、一緒に調理すると風味や香りがさらに豊かになり、食卓に春を届ける一品に仕上がります。新わかめのシャキシャキした歯ごたえも旬ならではの味わいです。

    新わかめ(湯通し塩蔵) …… 40g
    鯛(刺身用・冊) …… 80g
    塩(鯛用) …… 少々
    かたくり粉 …… 大さじ1
    かいわれ大根 …… 1/2パック
    おろし生姜 …… 1かけ分

     ┌ スープ・スープ …… 大さじ1
    A|水 …… カップ1
     └酒・しょうゆ …… 各大さじ1
    ウドズオイル …… 大さじ2

    わかめは水につけ戻し、3㎝の長さに切り、水気を切っておく。かいわれ大根は根を取り除く。

    鯛は一口大の薄切りにして塩少々をふり、かたくり粉を薄くまぶす。

    鍋にAを入れ煮立て、かいわれ大根にさっと火を通し取り出す。次に、の鯛を入れ、白っぽくなるまで火を通し取り出しておく。

    さらにのわかめを加え煮立てる。のかたくり粉の残りを水(大さじ1)で溶き、鍋に加えとろみをつける。

    器にを入れ、鯛、かいわれ大根を盛り、ウドズオイル、おろし生姜を添える。

    *『スープ・スープ』のおいしい煮汁で食材をさっと煮ましょう。
    * 鯛は刺身の残りやその他白身の魚でもおいしくいただけます。

pattern_a
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家


ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。
佐藤信子(さとうのぶこ)さん
栄養士・料理研究家




ベターホーム協会料理教室で長年にわたり講師を務め、栄養学、調理学、実技を指導。企業のクッキングアドバイザーとして、メニュー開発、研究員の指導にも携わる。